フォークリフト専用ドライブレコーダー FDR-810 360°カメラ搭載。フォークリフトの前後左右360°全周囲を1台のカメラで映像記録。HDR搭載&防水・防塵設計のフォークリフト専用ドライブレコーダー

  • Gセンサー
  • HDR
  • Full HD

特定販路限定

FDR-810

荷役災害発生件数の約70%はフォークリフトが関連しています。

安全対策としてドライブレコーダーの導入が効果的です。

映像記録による実情把握と対策

  • 正確な事故原因究明
  • 運転者の特定
  • 荷崩れ/転倒/製品破損事故予防と再発防止
  • 事故による損害賠償の節減

運転者のレベルUP

  • 運転者の熟練度を把握
  • 運転者への指導教育
  • 運転者の安全運転意識向上

フォークリフトの周囲状況を1台で記録

天井取付けの場合

付属のカメラ一台で、前後左右の撮影ができるのでドライバーやフォークリフトがどのような状況かを記録します。万が一の事故の状況把握はもちろん、事故抑止の指導教育も、客観的な視点を取り入れられるので、効果的に行えます。

前方取付けの場合

アームの可動範囲など、上下左右をカバーします。高い場所の荷物を扱う際や、入口の低い倉庫への出入り、エレベーターでの搬入・搬出を行う車体への設置箇所として適しています。

映像表示は5パターンから
選択可能

防水周囲カメラで撮影した映像は、パソコンの専用ブラウザソフトで、5パターンの表示方法から再生することができます。

魚眼表示

録画した画像をそのまま表示します。

魚眼表示イメージ
拡大フラット表示イメージ
拡大フラット表示

気になる個所を拡大して表示します。

パノラマ表示イメージ
パノラマ表示

水平360°方向を横長の一枚画像で表示します。

リング型表示イメージ
リング型表示
ドーム型表示イメージ
ドーム型表示

映像表示サンプル動画のご紹介

魚眼表示

表示パターンを魚眼表示にした時のサンプル動画です。

パノラマ表示

表示パターンをパノラマ表示にした時のサンプル動画です。

  • ※動画再生時には音声が流れますので、音量にご注意ください。
  • ※映像はデータを編集して掲載しております。

2カメラに対応 (オプション)

防水周囲カメラもしくは、サブカメラ1台の増設が可能。1台のカメラだと死角となる部分を補います。
IP56 準拠
※オプションの防水周囲カメラもしくはサブカメラは別売品となります。

オプションサブカメラについて

オプションサブカメラ

3つの記録方式でしっかり記録

「常時録画」「イベント記録」「常時録画+イベント記録」の切替が可能です。

G(加速度)センサー、ジャイロセンサー搭載で、危険運転を逃さず記録します。センサー感度はご使用状況に合わせて調整できます。 フォークリフトのエンジンON/OFF連動なので、本機の電源はON/OFFする必要がありません。

フォークリフトが一定以上の衝撃を検知

トリガ(映像を記録するきっかけ)の種類
衝撃(Gセンサー)
急発進/急ブレーキ(Gセンサー)
急ハンドル(Gセンサー)
急旋回(ジャイロセンサー)

※衝撃が複数あった場合や、衝撃と急発進が重なって発生した場合は「衝撃, など」と記録されます。

常時録画

電源ONから連続して映像を記録

エンジン始動(ACC ON)からエンジン停止(ACC OFF)までの映像をSDカードに常時録画します。
※上書き録画ON/OFF可能

  • 録画可能時間
    初期設定(1080P HD(HDR)30FPS)で、付属品のSDカード(8GB)に約120分の常時録画が可能です。SDカードの容量によって上限は異なります。
    録画時間の目安について
  • 上書きモード
    初期設定では「上書きモード」が「ON」のため、120分以降も上書きして録画します。上書き動作は、設定によって異なります。

イベント記録

Gセンサーとジャイロセンサーでしっかり記録

フォークリフト専用のアルゴリズムで、Gセンサー・ジャイロセンサーが一定の衝撃(急発進、急旋回等)を検知した場合にのみ、前後の映像をSDカードに記録します。イベント記録時はビープ音が鳴り、記録が行われます。
※上書き録画ON/OFF可能

  • 録画データ構成
    1データあたり最大60秒(イベント発生前50秒とイベント発生後10秒)で生成します。
  • 最大記録件数
    初期設定(前途10秒(20秒))で、付属品のSDカード(8GB)に360件のイベント記録が可能です。SDカードの容量によって最大記録件数は異なります。
    最大記録件数について
  • 上書きモード
    初期設定では「上書きモード」が「ON」のため、記録件数が360件を超えると、古いイベント記録を上書きします。上書き動作は、設定によって異なります。

常時録画+イベント記録

常時録画もしながら、異常時にはしっかり記録

常時録画中にGセンサー・ジャイロセンサーが衝撃を検知した時、その時の映像ファイルを自動で別データとして保存します。常時録画は上書きON、イベント記録は上書きOFFという設定も可能です。

標準機能

HDR(ハイダイナミックレンジ)搭載

暗い倉庫内での黒つぶれや、野外の作業での白とびを抑え、より鮮明な映像を記録します。

HDR(ハイダイナミックレンジ)搭載

マルチトリガー機能搭載

イベント記録中に新たに衝撃を検知すると、イベント記録を延長します。

音声も記録(ON/OFF可能)

映像とあわせて音声も記録するので状況確認が明確になります。

8GB SDカード付属

付属のSDカード(8GB)ですぐに映像記録できます。上限に達した場合の動作を選択できます。

  • ※ご使用になる前に専用ソフトでの設定が必要です。
    また正常に書き込みを行うため数カ月に一度、専用ソフトでのフォーマットをお勧めします。

Full HD画質(200万画素)だから映像がキレイ

記録する動画の解像度はVGA、720P、1080P、1080P HDから選択でき、鮮明な記録や長時間録画が可能です。1080P HDのFull HD画質ならクッキリした映像で保存・確認ができます。

業務仕様の堅牢設計 「防水・防塵」

メインユニット・カメラユニット・センサーユニットの全ユニットが、防水・防塵(IP56準拠)仕様。雨天でも使用できます。

アフターフォローも安心な日本製

フォークリフト専用ドライブレコーダーFDR810は自社設計!自社開発!自社工場生産!アフターフォローも安心です。

記録映像を簡単に確認できる「専用ブラウザソフト」

パソコンで映像や詳細情報を簡単に確認できます。表示エリアの映像は、気になる箇所があれば、マウスを使って簡単に拡大・縮小できます。

PCブラウザソフトイメージ

レポート

常時録画、イベント記録、履歴記録のレポートを作成し、表示や印刷ができます。

レポート出力/表示イメージ

常時録画 日時/運転時間/衝撃の発生回数/加速度グラフ
イベント記録 衝撃発生日時/衝撃の種類/衝撃発生前と発生後の画像
履歴 記録年月日/記録開始から終了までの時刻/運転時間、衝撃の回数/急発進・急ブレーキの回数/急ハンドルの回数

履歴記録(検索機能)

運行管理者が膨大なデータから問題点を発見する事は非常に時間の掛かる作業です。履歴記録の検索機能を使えば、任意の値を超える衝撃(加速度)のログデータなど、注目したいデータを抽出できるので、問題発見の時間と手間を省くことができます。

セキュリティ

運行管理者以外が設定を変更できないように、パスワードを設定できます。

  • ※専用ソフトは、付属品のSDカードに収納されています。
  • ※本機で録画した映像は、次の仕様を満たしたパソコンで見ることができます。
    Microsoft Windows 7または8/Core2Duo相当、2.0GHz/2GB以上のメモリー/解像度1024×768ピクセル以上 詳しくは使用上のご注意をご覧ください。
    (画像処理機能を動作させる場合、Microsoft Windows7または8/Corei5相当、3.0GHz/8GB以上のメモリー)

FDR-810に関するお問い合わせ

当製品のに関しての問い合わせ、および一括導入をご検討の企業様は、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。弊社担当者より折り返し連絡させていただきます。