ドライブレコーダー SN-TW9600d 機能・仕様

フロントカメラユニット

リアカメラユニット

機能比較表

機能・仕様

JANコード 4968543713398
外形寸法 [フロント] 62(幅)×52(高さ)×36(奥行)mm
※取付ブラケット(テープ貼付)装着時85(高さ)mm(窓ガラス25°想定の場合)
[リア] 55(幅)×25(直径)mm
※取付ブラケット(テープ貼付)装着時34(高さ)mm(窓ガラス25°想定の場合)
本体重量 [フロント] 約98g(microSDカード含む)
[リア] 約28g
記録媒体 microSDカード(16GB付属)
8~128GB対応(Class10以上)
カメラ 映像素子 [フロント]200万画素カラーCMOS(STARVIS技術搭載)
[リア]200万画素カラーCMOS(STARVIS技術搭載)
レンズ画角 [フロント] 対角170°
[リア] 対角162°
最大記録画角 [フロント] 対角160°(水平135°、垂直75°)
[リア] 対角150°(水平130°、垂直70°)
F値 [フロント] 1.9
[リア] 1.8
記録解像度 最大200万画素 [フロント] 1080P(1920×1080)、720P(1280×720)
[リア] 1080P(1920×1080)
GPS
Gセンサー 有(感度設定可能)
画質 HDR
記録方式 常時録画
イベント記録(Gセンサー記録、ワンタッチ記録(手動録画))
駐車記録(タイムラプス)*1
録画ファイル構成 1分、30分*2単位
音声 ON/OFF可能
フレームレート [フロント] 28、1コマ*2/秒
[リア] 27.5、1コマ*2/秒
映像ファイル形式 MP4
記録映像再生方法 PCビューアソフト*3
Windows標準の映画&テレビ*3
電源電圧 DC12V(5V入力)
消費電力 10W
動作温度範囲 -10℃~+60℃
製品保証期間 3年(消耗品は除く)
付属品 5Vコンバーター付電源直結コード(約4m)(1)
フロントカメラ用ブラケット(1)
リアカメラケーブル(約9m)(1)
microSDカード <16GB>(1)
ドライブレコーダー搭載ステッカー(1)
取扱説明書・保証書(1)
  • *1 駐車記録には別途オプションが必要です。
  • *2 タイムラプスモード中のみ。
  • *3 Microsoft Windows10(64bit)のみ対応。
  • ※ PCビューアソフトはこちらからダウンロードしてください。
  • ※ PCビューアソフトはWindows専用です。

取付けイメージ

2カメラモデル接続イメージ図

リアカメラケーブルの役割

リアカメラユニットへの電源供給と、撮影された映像をフロントカメラユニットへ伝送します。

SN-TW9600d付属のリアカメラケーブルは、リアカメラ接続側がストレート型プラグなので配線時に便利です。

録画時間 目安

常時録画

microSD
カード容量
フロント:1080P
リア:1080P
(初期値)
フロント:720P
リア:1080P
128GB 約400分 約560分
64GB 約200分 約280分
32GB 約100分 約140分
16GB(付属品) 約50分 約70分
8GB 約25分 約35分
  • ※上記値は目安で、絶対保証値ではありません。
  • ※お使いの状況、被写体や周囲環境などの要因により録画可能時間は変化します。

イベント記録の最大記録件数

microSD
カード容量
フロント:1080P
リア:1080P
(初期値)
フロント:720P
リア:1080P
128GB 160件 240件
64GB 80件 120件
32GB 40件 60件
16GB(付属品) 20件 30件
8GB 10件 15件
  • ※最大記録件数は、Gセンサー記録とワンタッチ記録を合わせた件数です。

タイムラプスモード

microSD
カード容量
フロント:1080P
リア:1080P
(初期値)
フロント:720P
リア:1080P
128GB 約480時間 約640時間
64GB 約240時間 約320時間
32GB 約120時間 約160時間
16GB(付属品) 約60時間 約80時間
8GB 約30時間 約40時間
  • ※上記値は目安で、絶対保証値ではありません。
  • ※お使いの状況、被写体や周囲環境などの要因により録画可能時間は変化します。
  • ※駐車記録オプションを利用してタイムラプスモードを行う場合、最大継続時間は約12時間です。

記録方式

常時録画

走行時の録画は、車両のエンジンON/OFF に連動して自動的に記録を開始/ 終了します。SD カードの容量が上限に達した場合は、古い映像に上書きします。上書きをしない設定も可能です。

常時録画の録画ファイル構成

1ファイルあたり1分で生成します。

イベント記録

常時録画中、Gセンサー(加速度センサー)によって衝撃を検知すると、事故前後の一定時間の映像を常時記録で上書きされないよう専用フォルダに保存します。センサー感度は0.1G単位で設定できるので、様々な車両に合わせた感度設定ができます。記録ボタンを押して専用フォルダに保存することもできます。
ファイル単位のイベント発生タイミングにより移動するファイル数が異なります。

※上書きされないようにするには「上書きモード」の設定が必要です。

イベント記録の録画ファイル構成

1ファイルあたり1分で生成します。

タイムラプスモード

駐車監視(別売りオプションが必要)を行う際、録画コマ数を1コマ/秒に変更し、長時間録画に対応します。
記録は早送りで再生します。

  • ※タイムラプスモード中は、GPSによる位置情報、Gセンサー情報は記録しません。

タイムラプスモードの録画構成ファイル

記録映像は1ファイル30分で生成します。

上書きモード

SDカードにデータがいっぱいになった時、古いデータに上書きするか選択できます。

  • 上書き禁止

  • 録画の停止

    全ての録画ファイルは上書きされません。

  • 常時録画上書き

  • 上書きして録画を継続

    常時録画ファイルのみ上書きします。
    イベント記録は録画ファイルが上限に達すると録画を停止します。

  • 全て上書き

    初期値

  • 上書きして録画を継続

    全ての録画ファイルを上書きします。