車載監視カメラ&ドライブレコーダー S10 業界初 エリアセンサー搭載。
360°カメラ&カーセキュリティセンサーで、
走行中も駐車中もしっかり記録する
カーモニタリングドライブレコーダー

  • 駐車記録
  • gps
  • Gセンサー
  • HDR

指定店モデル

S10

特許技術により最長約2週間の駐車監視に対応

「車上あらし」や「当て逃げ」は、目撃者や防犯カメラの映像がない場合が多く、犯人の特定が困難です。本製品では、車両のエンジンをOFFにすると、各種センサーが起動する駐車監視(接近監視モード)に移行します。車両バッテリーの電源供給により最長約2週間行います。駐車中のもしもの時も、周囲の状況や車種などが記録でき、犯人の特定に役立ちます。

  • ※車両バッテリーの検出電圧が設定以下になった場合、接近監視モードを終了します。

  • ※エリアセンサーの検出範囲はイメージです。実際の検出範囲は取付け車両、マイクロ波の感度設定により異なります。
駐車監視時の可動レンズ使用例(レンズ下方向)

可動式レンズは、本機を車両に取り付けたまま、用途にあわせてレンズ部の角度を調節できます。レンズ下方向は、車両の前後、左右、車内など、車両周囲全体の撮影に適したレンズ角度です。

  • ※上方向が撮影範囲に入りきらない場合があり、間近の信号などの撮影には不向きです。

特許取得 省エネ技術

独自のマイクロ波技術によるエリアセンサーの検出で、録画待機が起動する省エネ設計です。エリア監視の電力消費を最小限に抑え、最長約2週間の駐車監視を実現しました。(特許 第5316995 号)

駐車監視中の録画モード

「常時」と「イベントのみ」

一定時間の駐車記録を行った後、各種センサー検知時に記録データを専用フォルダに保存します。

詳細へ飛ぶ

4つのセンサーで駐車監視

各センサーは、ON/OFFをそれぞれ設定できます。傾斜とドア開の警報音は鳴らさない設定も可能です。

衝撃センサー
衝撃センサー

車両への衝撃を検知すると記録を行います。

傾斜センサー
傾斜センサー

車両の傾斜を検出すると、記録と同時に警報音で威嚇します。

エリアセンサー
エリアセンサー

独自のマイクロ波技術による遠近2段階検知。不審者が車両に近付く(遠接近)とカメラが起動状態になり、さらに近接近を検知すると記録を行います。

ドア開センサー
ドア開センサー

車両のドア開を検出すると、記録と同時に警報音で威嚇します。

POINT!暗所撮影用LED搭載

夜間や暗所でも、LED発光により鮮明に記録します。

POINT!キャンセルエリア登録 ※特許出願中

車両のエンジンOFF時に接近監視モードに移行しないエリア、「キャンセルエリア」を登録できます。登録した場所(半径50メートル)では接近監視モードに移行しません。(最大200件登録可能)

全周囲360°記録対応ドライブレコーダー

360°カメラ

交通事故の7割強が車両の側面や後方からの衝突です。360°記録対応のドライブレコーダーなら、1台で前後・左右・車内も記録し、万が一の状況をより確実に記録します。

  • ※交通事故衝突部位の内訳:(公財)交通事故総合分析センター「車両の第1衝突部位別、当事者別、全事故件数(第2当事者)」より

360°カメラの視野角イメージ

従来モデルの視野角イメージ
従来モデルの視野角

従来のドライブレコーダーでは、車両の前方しか記録できないため、側面や後方が死角となり、万が一の時の状況が映像に記録されていない場合があります。

S10前後左右記録映像イメージ

走行時の可動レンズ使用例(レンズ進行方向)

可動式レンズは、本機を車両に取付けたまま、用途にあわせてレンズ部の角度を調節できます。レンズ進行方向は、車両の前方、左右、車内の撮影に適したレンズ角度です。

  • ※レンズ部を進行方向に大きく傾けた場合、後方は撮影範囲に入らない場合があります。

走行中の記録方式

「常時録画」と「イベント記録」

エンジンのON/OFFに連動して自動で記録を開始/終了します。電源の入れ忘れなどの心配もなく、万が一の事故に備えられます。SDカードの容量がいっぱいになると古い映像に上書きして、常に新しい映像を記録し続けます。また、走行中にGセンサーが衝撃を検出(または記録ボタンを操作)すると、その前後の映像を専用フォルダに保存します。GセンサーはOFF設定にもできます。

詳細へ飛ぶ

POINT!ワンタッチ記録

常時録画中に記録ボタンを押すと、その映像ファイルを専用フォルダに保存します。

別売オプション

駐車監視中の常時録画を長時間行いたい場合

  • マルチバッテリーOP-MB4000 : 23,000 円+税

    S10は、本機のみで駐車監視中の常時録画を最大約1時間、イベント監視(センサー監視)を最大2週間行えます。
    別売オプションのマルチバッテリーを使用すると、常時録画を最大約12時間まで延長できます。

マルチバッテリー(OP-MB4000)の取付けに必要な別売オプション

  • 接続ケーブル(約4.9m)OP-CB001:本体2,500円+税

    S10とマルチバッテリー(OP-MB4000)を接続する専用接続ケーブルです。

標準機能

  • HDR(ハイダイナミックレンジ)搭載

    白とびや黒つぶれを抑え、より鮮明な映像を記録

  • GPS搭載

    映像とともに位置・日時・速度情報なども記録することができます。

  • 地デジノイズ対策済

    地デジ・カーナビに影響を与えないノイズ低減設計

  • LED式信号機でもしっかり記録

    東日本・西日本それぞれの周波数に対応。

  • 音声も記録

    映像とあわせて音声も記録するので、状況確認が明確になります。(ON/OFF可能)

  • すぐに使える16GB microSD付属

    付属のmicroSD(16GB)で、すぐに映像記録できます。

  • S10専用ビューアソフト

    記録した映像は、専用のPCビューアソフトで確認できます。映像とともに記録した詳細情報の確認、録画コマ数、センサー感度など各種設定も可能です。

    詳しくはこちら

  • S10専用アプリ「SQ Remote」

    スマートフォンで記録映像の再生、本体の設定などができます。

    詳しくはこちら

取付けイメージ

  • ※取扱説明書に従って正しく取付けしてください。
  • ※取付け画像はイメージのため、必要な配線を省略している場合があります。ご使用の際は正しく配線を行わないと機能しません。