ドライブレコーダー BU-DRHD431 HDR(ハイダイナミックレンジ)搭載、GPS内蔵!オプションカメラの増設で2カメラの映像を記録可能!
さらに、日本製&3年間の長期保証!安心してご使用いただけます。

  • gps
  • Gセンサー
  • Full HD
  • HDR

法人向けモデル

法人向け・業務用ドライブレコーダー BU-DRHD431

位置情報を記録し、付属の専用ソフトを使えばパソコンで走行軌跡を表示できます。

NEW2カメラの映像を記録できる!※

オプションサブカメラ

オプションサブカメラ(OP-CM200)を本体に接続することで、2カメラの様子が記録が可能になり、安全運行に役立ちます。

※2台目のカメラはオプションです。別途購入していただく必要がございます。

NEWHDR(ハイダイナミックレンジ)搭載でより明瞭な映像を記録!

日中天気のよい時の逆光下や明暗差が大きいトンネルの出入り口、
また夜間の撮影時に生じる黒つぶれや白とびを抑え、より明瞭な映像を記録します。

HDR(ハイダイナミックレンジ)イメージ

※画像はイメージです。

シーンにあわせて3つの記録モードから選択可能!

「イベント記録」「常時録画」「常時録画+イベント記録」の切替が可能です。

イベント記録にはGセンサー記録とワンタッチ記録があります。
イベント記録中は録画ランプ ( 青) が点灯から早い点滅に変化し、ビープ音(ON/OFF可能)が鳴り、記録が行われます。記録が終了すると録画ランプ (青) が早い点滅から点灯に戻ります。

イベント記録

G(加速度)センサー記録
G センサー(加速度センサー)記録

内蔵のGセンサーが一定以上の衝撃を検知した場合には
「Gセンサー記録」として前後の映像をSDカードに記録します。

ワンタッチ記録
ワンタッチ記録

本機の録画ボタンを押すことで、押した前後の映像を「ワンタッチ記録」としてSDカードに記録します。

  • ●イベント記録(ワンタッチ記録・Gセンサー記録)
  • 録画データ構成
    1データあたり最大60秒(イベント発生前50秒とイベント発生後10秒)で生成します。
  • 最大記録件数
    初期値(前後10秒(20秒))で、付属品のSDカード(8GB)に360件のイベント記録が可能です。
    SDカードの容量によって最大記録件数は異なります。

    最大記録件数について

  • 上書きモード
    初期値では上書きモードが[ ON ] のため、記録件数が360件を超えると、古いイベント記録を上書きします。
    上書き動作は設定によって異なります。
マルチトリガー機能搭載

イベント記録中に新たな衝撃が加わった場合、2回目以降の衝撃も連続して記録可能です。

マルチトリガー機能搭載

  • ※マルチトリガー検知後は、設定されている時間(例:8秒間)記録します。

常時録画

映像記録の開始/終了は、エンジンON/OFFに連動

車両動作の変化に関係なく、エンジン始動からエンジン停止までの映像を
SDカードに常時録画します。

※記録したい時間に合わせて、設定を変更してください。

  • 録画可能時間
    初期値(30コマ/ 秒、1080P HD)で、付属品のSDカード(8GB)に約120分の常時録画が可能です。
    SDカードの容量によって録画可能時間は異なります。

    録画時間の目安について

  • 上書きモード
    初期値では[上書きモード]が[ON]のため、120分以降も上書きして録画します。
    上書き動作は設定によって異なります。
駐車モード

常時録画時に、加速度センサーの変動値が一定以下の状態が5分間続くと、
録画コマ数が1コマ/秒となり駐車モードの録画に切り替わります。
駐車モード時に振動を検知して、加速度センサーの変動値が一定以上になると、
自動的に常時録画で設定したコマ数での録画に切り替わります。
駐車モード時は録画ランプ(青)が「1秒点灯3秒消灯」または「1秒点滅3秒消灯(上書き時)」を繰り返します。

※エンジンを停止しないでおこなう短時間の業務が多い場合などの、記録時間(映像確認時間)の短縮や
記録ファイルの分割を減らしたい時などに有効です。

イベント+常時録画

常時録画もしながら、事故前後もしっかり記録

常時録画中に、もしもの事故でもイベント前後をしっかりと記録します。
常時録画中に、G(加速度)センサーが衝撃等を検知した場合、イベント前後を上書きされないように別ファイルに保存します。

映像の記録方法

標準機能

広い可動範囲で最適なアングルに調整できる
レンズ部可動式だから、どんな車でも最適な角度で撮影

取付ける車両のフロントガラスの傾斜によって、レンズ部を最適な角度に可動できるので、ほとんどの車両(フロントガラスの傾斜が15~90度の車両)に対応できます。

Full HD画質(200万画素)だから映像がキレイ!

記録する動画の解像度は1080P HD(1920×1080)、1080P(1440×1080)、720P(1280×720)、VGA(640×480)から選択でき、鮮明な記録や長時間録画が可能です。
1080P HDのFull HD画質ならクッキリした映像で保存・確認ができます。

夜でも鮮明なカメラ映像
夜でも鮮明なカメラ映像

夜間の暗い道路でも鮮明に記録。

最低照度1ルクス

広い範囲をサポート!
最大記録画角 対角154.8°

画角が広いので、広範囲の記録が可能です。

音声も記録!(ON/OFF可能)

映像とあわせて音声も記録するので、状況確認が明確になります。

バックアップ機能搭載

重大事故などで、衝撃を検知後に電源が断たれた場合、バックアップ機能により、録画中の映像の破損を防いで保存します。

パスワードの設定が可能

パスワードを設定することで、映像の確認や設定変更に対して制限を設けることができます。

安心の3年保証&安心の日本製!

保証期間はお買い上げ日から3年間。安心してご使用いただけます。

すぐに使える!8GB SD付属

付属のSD(8GB)ですぐに映像記録できます。
上限に達した場合の動作を選択できます。

  • ※ご使用になる前に専用ソフトでの設定が必要です。
    また正常に書き込みを行うため数カ月に一度、専用ソフトでのフォーマットをお勧めします。
高感度加速度センサー搭載 9段階設定(9段階設定)

録画の起点となる衝撃感度(加速度G)を9段階から選択できます。簡単設定モード(9段階)でも、業務用アルゴリズムでゴミデータを低減。3軸個別設定で、細かな設定も可能です。
さらに設置角度自動検出機能搭載で、正しい検知角度に補正できます。

専用ソフトで確認正確な車速、時刻、場所を同時に表示

記録した映像やデータ(加速度、時刻)は、本体を取外すことなく、SDカードを用いてパソコンでご覧になれます。
また記録した映像は、AVI形式の動画やJPEG形式の静止画に変換して保存できます。

専用ソフトイメージ
  • ※専用ソフトは付属のSDカードにデータ収納されています。
  • ※本機で録画した映像は、次の仕様を満たしたパソコンで見ることができます。
    Microsoft Windows XP または7/Core2Duo相当、2.0GHz以上/2GB以上のメモリー
    詳しくは使用上のご注意をご覧ください。
もらい事故にも詳しい記録で対応(移動履歴を記録)

1秒ごとの日時、車速、位置情報などの移動履歴を24時間(168時間、480時間に設定変更可能)記録します。後ろから追突されたり、無理な追い越しによる接触などは映像だけでは正確な状況を把握しにくいものです。GPSによる車速記録や位置情報があれば、より客観的な判断が可能となります。

運行ルートをGoogleEarthTMに残せる
運行ルートをGoogleEarthTMに残せる

衛星写真上で走行した運行ルートを再現できます。
GoogleEarth(TM)の機能を使えば撮影した写真の掲載も可能です。

  • 事故削減・安全運転支援サービス

    車録(シャーロック)

    ドライブレコーダーを活用したテレマティクスサービス。車両運行データを「見える化」する、ドライブレコーダーを活用した事故削減・安全運転支援サービス

    車録(シャーロック)のサービス情報はこちら

BU-DRHD431に関するお問い合わせ

当製品のに関しての問い合わせ、および一括導入をご検討の企業様は、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。弊社担当者より折り返し連絡させていただきます。

OTHER PRODUCTS