ユピテルが提案する、ライフスタイルを豊かにする情報コラム

ゲーム業界を超えて活用されるゲームエンジン「Unity」は何がスゴい?

2021.11.30

「Unity(ユニティ)」は最近のゲームをやったことがある人にとっては、耳馴染みがある言葉かもしれません。「Unity」は、全世界で100万人以上のエンジニア/デベロッパーが使っているゲームエンジンのこと。「エンジン」とはゲームを作るための基盤となる共通プログラムのことで、これを使えば効率よく高品質なシステムを組めたり、複数人でのチーム開発においても複雑なプログラムを作ることができます。

Unityはその性能と使い勝手の良さからゲーム業界以外でも広く使われています。特に今後必須となるAR/VR向けの3Dエンジンとしては世界で6割のシェアを誇るというキーテクノロジーです。いま話題の「Unity」について紹介します。

「ゲームエンジン」って何?

Unity

Unityはユニティ・テクノロジーズが開発したゲームエンジンです。ゲームエンジンとは、冒頭でも紹介した通りゲームを作るための基盤となる共通プログラムのこと。ではなぜ「エンジン」という共通プログラムがそれほど大事なのでしょうか。

まず共通プログラムがあれば、ゼロからプログラムを作る必要がないからです。ゲーム開発には、画面を表示する、キャラを動かす、音を鳴らす、入力を感知する、など非常に膨大な動作を成立させるプログラムが必要です。しかしこれらの動作のベースとなる共通のシステムが最初から用意されているとすれば?自分が作りたいゲーム内容に応じて修正し、組み合わせるだけでプログラムを完成させられるというわけです。またゲームエンジンは、これらのシステムやツールがすぐに使える形でまとまっており、例えるならばデザイナーにとってのイラストレーターやフォトショップ。プレゼンターにとってのパワーポイントのようなものです。

また複数名のプロジェクト開発においても、共通プログラムはとても便利な存在です。ゲーム開発の場合だと、ゲーム内でのダメージ比率やアクションに対してのルールを設定するプログラム「だけ」を作る人もいれば、ゲームの主人公と背景の動き「だけ」を担当する人もいます。高度で複雑なソフトになるほど、複数の開発者が携わる一大プロジェクトになりますが、「エンジン」という共通プログラムがあることで、最終的に結合しやすくし、複雑なゲームの世界を作り出せるのです。

つまりゲームエンジンは、いわばプログラムの骨格になる存在です。開発のスピードアップはもちろんのこと、そのぶん創造的な部分に注力すれば全体の品質や独自性もアップできます。また沢山の開発者が携わる大規模な開発においてもエンジンは重要です。なかでもUnityは、いま一番評価されている二大ゲームエンジンのひとつ。多くの開発者が使用し、そのユーザー数はなんと全世界で100万人以上と言われています。

では、Unityの一体どんなところが、デベロッパーたちの評価を受けているのでしょうか。

「Unity」は何がスゴイの?

Unity

世界中のゲーム開発者に使用されているUnity。その人気の理由とは一体どのようなものでしょうか。

1つ目は3Dゲーム開発におけるモジュールツールの評価が高いことです。Unityは縦、横、奥行きで表現された立体的な3次元データを扱うことに優れています。VRやARなどの仮想空間を構築するだけではなく、コンピューター上でモデリングすることで効率的にシミュレーションできます。

次に、プラットフォームを問わないこと。いわゆる「クロスプラットフォーム」に対応していることです。Unityで開発すれば、WindowsやMac、AndroidなどいずれのOSでも稼働します。通常はそれぞれのプラットフォームの開発環境を整える必要があったり、プラットフォームごとにプログラムを作り変えなければなりませんが、Unityを使用すればそのような負担がかからなくなります。

また、開発者にとってうれしいのが統合開発環境(IDE)と言われるものです。私たち一般人にはピンときませんが、一言で言うとこれまでの開発環境ではいろいろ分業されていたものが、一つの環境で出来てとても便利だということ。従来はデバック(プログラムの間違いを探す)、コンパイル(プログラムが稼働するカタチに成型する)、エディタ(プログラムの間違いなどを修正し編集する)をそれぞれ別々のソフトで行わなければなりませんでした。Unityではそれが同じ環境で行うことができるので、非常に効率よく開発を行うことができるのです。

なおUnityはプログラミング不要でもある程度のゲームを開発できるという特徴もあります。これは学習の面においても有効です。さらに多機能で凝ったシステムを開発したい場合には、JavaScript、C#、Booなどのプログラミング言語を使ってより高度な開発ができます。無料版も存在していて、ゲーム開発を初めてトライしようとする学生やビギナーがすぐにでも体験できるようになっています。多くの人が無料でUnityを体験し、慣れ親しんでいることも人気の理由の一つかもしれませんね。

「Unity」はゲーム以外にも使われている!?

Unity

いままでお話ししたようにUnityはゲーム開発にとどまらない高度なエンジンです。そのため自動車業界や医療業界、建築といったプロフェッショナルな現場で活用されています。

自動車業界ではUnityのVR技術を利用した製品開発が行われています。VR空間で車をデザインする、あるいはVRで車内環境を再現するといった使われ方をしています。このほかにも、自動運転技術のシミュレーション作業に使用されるケースなどがあります。

医療業界で活用されているのは、Unityの3D技術です。骨格や筋肉、関節を3Dで再現して動かすことができるので、医療の教育現場に活かされています。これまではわからなかった骨格や関節の動きが判明するといった、医療技術の向上への貢献が期待されています。

建築業界ではBIM(Building Information Modeling)のデータを取り込み、シミュレーションなどに活用されています。BIMとは設計や建築コストの計算などを仮想空間で行えるシステムで、Unityがあれば自由な発想で建築物をコンピューター上にモデリングすることができます。

Unityの高度な技術はゲームの枠を越えて、今後も多くの分野で幅広く活用されていくでしょう。

霧島レイモデルのレーダー探知機にも「Unity」を活用

ゲームエンジンとして圧倒的な人気を持ち、異分野でも高度な技術開発の現場で活用されているUnityについてお伝えしてきました。なおこのたび生誕10周年を迎えたユピテルのオリジナルキャラクター「霧島レイ」が登場するレーザー&レーダー探知機「Lei05」でも、その開発においてゲームエンジンUnityが活用されています。Unityを能力を存分に発揮した高度な3D表現や、活き活きとしたキャラクターの表情や動きにぜひご注目ください。VRやAR分野においても活躍が期待されるUnity。テクノロジーとエンターテインメントをUnityがどう発展させていくか、今後ますます注目です。

Unity
Unity

Lei05」ブランドサイトより


【執筆】ユピスタ編集部
ユピスタ (Yupiteru Style) は、ユピテルが運営するテクノロジーやライフスタイルを扱う情報コラムサイトです。日々の暮らしをもっと面白く、もっと安心・安全に過ごすためのさまざまな情報を発信しています。