ユピテルが提案する、ライフスタイルを豊かにする情報コラム

ニューノーマル時代に注目される非接触タッチパネルとは

2021.12.27

コロナ禍を経験した私たちにとって、「接触する」という行為への新たな危機意識が生まれたことは間違いないでしょう。そこでこのニューノーマルな時代に注目され始めたのが「非接触」でオペレーションすることができるテクノロジーです。現在、様々な分野で非接触インターフェイスの開発が進められています。

銀行のATMやチケットの販売、デジタルサイネージなど、身の回りで活躍し始めた非接触インターフェイス。実用的な場面からエンターテインメントの世界まで飛躍する、注目の技術について紹介します。

非接触タッチパネルとは

非接触

コロナ禍において、「非接触」でオペレーションできる技術へのニーズが高まっています。接触感染という危険性が初めて認識された中で注目されているのが、モノに触れずに操作できる「非接触タッチパネル」というテクノロジーです。例えば誰もが頻繁に利用する銀行のATMや駅の券売機に、一部使われ始めています。多くの人が日々触れる機器だからこそ、タッチするのは抵抗を覚える…それゆえ非接触で操作が可能なディスプレイが採用され始めています。

また池袋駅の自由通路には、「空中タッチディスプレイ」と呼ばれる操作パネルが設置されています。操作パネルが空間に浮き上がっているように見え、不思議な感覚を体験できます。

「非接触タッチパネル」と「空中タッチディスプレイ」はいずれも非接触の操作パネルですが、少し違いがあります。非接触タッチパネルは、画面に指を近づけるだけで、画面に触れずに入力操作を行えるというもので、静電気や赤外線を利用しています。一方空中タッチディスプレイは、映像や表示自体が実際のディスプレイから浮き上がっており、その浮かんだタッチパネルに触れることで操作ができるというものです。この場合は光学的に位置情報を把握し、入力操作に変換します。どちらも直接触れないのに操作ができるなんて、実に不思議ですね。

ATMや券売機以外でも、先進的なところではこれらのディスプレイの導入が始まっています。空港、駅、オフィスビル、本屋、ファーストフード店、回転寿司チェーンなどで見かけることができるでしょう。また非接触の技術はエンターテインメントの世界にも進出を始めています。ある美術館では空中タッチディスプレイを使って、来館者が浮世絵と戯れることができるシステムを導入。来館者はタッチパネルに直接触れることなく、デジタル化された浮世絵を指の動きだけで拡大・縮小したり、移動させて楽しむことができます。ちょっとした魔法のような技術がクリエイティブの世界を十分に刺激し、注目が集まっています。

■合わせて読みたい
・家庭用3Dホログラムの登場。AR・VRとも違うデジタルサイネージのこれから

何もないところに触覚を生み出す未来技術も登場

非接触

非接触技術は端末のオペレーションだけにはとどまりません。その一例が「空中ハプティクス」です。ハプティクスとは、日本語では「触覚提示技術」を意味します。接触物に振動を与えることで、触覚を人工的に作り出すという技術です。最近話題の「メタバース」でも、ハプティクスの技術が採用されると言われています。

ハプティクスの代表的な例として知られているのが、ゲーム機のコントローラーです。コントローラーが左右に分かれて遊ぶ人気ゲーム機では、ゲーム中のシーンやキャラクターの動作に合わせてコントローラーを微弱に振動させ、まるで本当の世界で、本当にモノを持ったり触れたりしているような臨場感を演出しています。また、映画館でシーンに合わせて座席が揺れたりするのもハプティクスの一種です。

またiPhoneユーザーも実は一味違ったハプティクスを体験しています。iPhoneの画面を強く押し込んだり、表示されたボタンを押すと、実際に物理的なボタンを押したような感覚が生じますよね?これも動作に合わせて振動をフィードバックすることで、物理的なボタンを押したような感覚が得られているのです。

この技術は今後、非接触で実現される可能性もあります。つまり「空中ハプティクス」です。タッチパネルやコントローラーに一切接触していないのに、触覚を提示する技術。超音波発生装置によって手の皮膚に振動を与え、架空の物体をあたかも触っているかのように錯覚させるというのです。「空中(超音波)ハプティクス技術」は「空中タッチディスプレイ」にも通じる、魔法のような非接触テクノロジー。コロナ感染拡大予防のための実用的なニーズにとどまらず、エンターテインメントの世界でも今後重要となるに違いありません。

あなたも3D映像のキャラクターに触れる時代に!

このように、実際にはそこにないものがあたかも存在するように表現する技術として、「非接触」の技術はますます可能性を広げています。そしてそれは今までご紹介したような公共の場や施設にとどまらず、これからはご家庭でも体験できるようになっていくのです。それがユピテルの未来アイテム「LVR-01」です。

LVR-01では、コンシューマー向けのプロダクトとしては日本で初めて搭載された「浮遊映像レンズ」により、ユピテルのオリジナルキャラクター「霧島レイ」が空中に浮かび上がります。そして特に注目したいのが、非接触タッチのためのエアタッチセンサーを搭載していること。モニターに触れずとも指を近づけることで、宙に浮かぶ霧島レイが反応してくれます。レイとのインタラクティブなコミュニケーションは、きっと時が経つのも忘れる驚きと楽しさで溢れることでしょう。キャラクターのファンのみならず、ガジェット好きな感度の高い未来派のあなたには見逃せないアイテムです。

ますます進化する非接触の未来技術

ソーシャルディスタンスを確保し、衛生を保つための技術としてニーズが高まる非接触技術。最近ではエンターテインメントの世界を広げるクリエイティブなテクノロジーとして注目されています。VRやARなど仮想世界とインタラクティブなチャネルがますます拡大する中、その未来を自宅で先取りできる「LVR-01」で、最先端のエンターテインメントを体験してみてはいかがでしょうか。


【執筆】ユピスタ編集部
ユピスタ (Yupiteru Style) は、ユピテルが運営するテクノロジーやライフスタイルを扱う情報コラムサイトです。日々の暮らしをもっと面白く、もっと安心・安全に過ごすためのさまざまな情報を発信しています。