ユピテルが提案する、ライフスタイルを豊かにする情報コラム

あおり運転を35%が経験!被害を避ける対策はドライブレコーダーが有効?

2020.11.27
あおり運転とは、車の後方から車間距離を急に詰めて、プレッシャーをかけたりパッシングを何度も繰り返したりするなど、特定の車の走行を妨害する行為のことです。
車を運転する限り、誰でも被害に遭う可能性がある「あおり運転」。
今回は、そんなあおり運転に遭わないための対策と、万が一あおり運転の被害に遭ってしまったときの対処方法を解説します。

あおり運転の被害は3人に1人が経験

まず、あおり運転の現状について見てみましょう。

警視庁が2019年10月に実施した「あおり運転に関するアンケート調査」によると、過去1年間にあおり運転の被害に遭った人は全体の35%に及ぶとのこと。具体的には、以下のような被害報告が出ています。

・後方から車間距離を急に詰められた
・意図的な割り込みを何度も繰り返された
・クラクションやハイビームなどであおられた
・前方で停車され、道を塞がれた
・蛇行運転された

身の危険を感じる出来事ばかりですが、あおり運転は決して稀なトラブルではありません。
中には年に3回以上被害に遭ったという方もいるため、誰にでも起こり得る身近な問題だといえます。

あおり運転に遭わないための対策は?

ドライブレコーダー
大きな交通事故にも繋がりかねない「あおり運転」。このトラブルを防ぐには、一体どんな対策を取ればよいのでしょうか。

警視庁のアンケートでは、「罰則の強化」や「ドライブレコーダーの普及促進」を抑止策として挙げる声が多く、実際に2020年6月には道路交通法が改正され、あおり運転を取り締まるための妨害運転罪が創設されました。

ドライバー自身でできるあおり運転への対策として挙げられるのが、ドライブレコーダーの搭載とあおり運転に遭わないための運転マナーです。

・ドライブレコーダーで防犯しよう
ドライブレコーダーとは、運転中の車内・車外の様子を撮影・記録する装置のこと。ドライブレコーダーを車に搭載することで、あおり運転や交通事故といった万が一の事態が起きてしまった際にも、状況を後からスムーズに確認できます。

ちなみに、ひとくちにドライブレコーターといっても、「車の前後を撮影してくれるタイプ」「車の前後に加えて左右の状況も記録してくれるタイプ」「夜間の様子も捉えてくれるタイプ」など、様々な商品があります。あおり運転の記録に向いているのは、フロント・リア双方の様子を撮影してくれる2カメラタイプや、フロントとリアに加えて両サイドまで撮影できる360°カメラのタイプです。

・運転中に気をつけたいマナー
・後方に密着してくる車がいたら、速やかに道を譲る
・割り込みや急ブレーキなど、周囲を刺激するような運転はしない
・追い越し車線は追い越すときだけに使う
・制限速度よりも過度に遅いスピードで走らない

あおり運転をしてしまうドライバーの中には、「早く進みたいのに進めない」とイライラしていたり、「わざと急ブレーキをかけられた」などの被害妄想から攻撃的な運転をしてしまったりする人もいるとのこと。上記のようなマナーに気をつけることで、不要なトラブルを防止しやすくなります。

また、中には「あおり運転の被害に遭った」というセンセーショナルな映像を撮影するために、わざとゆっくり走行したり追い越し車線に居座ったりなどして、他のドライバーを刺激する人もいます。
そのようなドライバーだと誤解されないためにも、自分の運転マナーを再度確認しておくことも大切といえます。

万が一、あおり運転に遭ってしまったら?

ドライブレコーダー
ドライブレコーダーを搭載しても、あおり運転に遭ってしまうことはあり得ます。
ここでは、あおり運転を受けてしまった際の対策をまとめました。

・まずは「冷静になる」ことが大切
あおり運転の被害に遭ったときにまず気をつけたいのが冷静さを失わないこと。あおられたからといって怒鳴り返したり、相手の運転を阻害するような動きをするのはかえって危険です。

あおり運転をされたら、速やかに人目の多い駐車場やサービスエリア、パーキングエリア、近くの警察署といった安全な場所に車を停めましょう。路上駐車は他の車を巻き込む可能性があるため、できるだけ避けた方が賢明です。

・車を停めたら110番
安全な場所に車を停めたら、落ち着いて110番へ連絡します。このときに必ずドアはすべてロックし、窓も閉めておきましょう。あおり運転をする当人と接触する可能性もあるので、むやみに車外に出るのは危険です。警察官が到着するまで、冷静に車内に留まることをおすすめします。

また、相手を見失うリスクがあっても、不用意な追跡はやめましょう。ドライブレコーダーなどの録画が残っていれば、ナンバープレートや車種といった、相手を特定する情報を捉えている可能性は十分にあります。身の安全の確保を優先しましょう。

まとめ

車を運転する方にとって、あおり運転は身近な問題であり、自己防衛のためにドライブレコーダーは欠かせないものとなりつつあります。
ユピテルでは、360度カメラとリアカメラを搭載し、フロントや両サイド、リア、車内の詳細な映像を記録できるドライブレコーダーも展開しています。


【執筆】ユピスタ編集部
ユピスタ (Yupiteru Style) は、ユピテルが運営するテクノロジーやライフスタイルを扱う情報コラムサイトです。日々の暮らしをもっと面白く、もっと安心・安全に過ごすためのさまざまな情報を発信しています。

【あわせて読みたい】
・あおり運転厳罰化でドライブレコーダー映像が更に重要に
・あおられ屋や飛び出し!危険運転への対処と犯罪への心構え
・高速道路であおり運転!ドライブレコーダー映像から犯人特定、逮捕に。
・あおり運転“10類型”を知る!加害者にも被害者にもならないために
・あおり運転に遭わないために。初心者ドライバーに知ってほしい大切なこと
・世界の「あおり運転」事情 ― アメリカで発生する“ロードレイジ”とは?

360°&リア記録 Q-30R「心配な子供篇」30秒【ユピテル公式】