機能紹介
レーダー探知機SCR35TD

「本製品SCR35TDは生産を終了しております」

レーダースコープ 特許出願中

自車を中心に半径1km圏内にある複数のGPSターゲットを同時表示! ターゲットと自車の位置関係が一目瞭然!
警報の注意度に応じて、画面の背景色が変化します。

レーダースコープ説明
警報画面:3色識別アラーム

赤警報 ステルスなど最も注意度の高いターゲットを赤ウィンドウで警報!
黄警告 取締エリアなど注意度の高いターゲットを黄ウィンドウで警告!
青告知 事故多発エリアなどの情報は青 ウィンドウで告知!
  • 制限速度表示は、オービス(ループコイル/LHシステム/新Hシステム/レーダー式オービス)と一部の取締エリア警報時に表示します。
  • 表示される時刻・速度・距離は、GPS の受信状況により、ずれることがあります。
  • 走行速度やGPSターゲットまでの距離、自車アイコンは、GPS により計測し表示させています。状況によっては実際と異なる場合もあります。
  • GPS 電波を受信できなくなった場合、現在時刻表示が赤色になり、速度が表示されなくなります。
  • 画面上に地図・地名・道路・建物等は表示しません。

待受画面

充実の待受け画面は最大11画面※から選択可能。(オプション対応のOBDⅡ接続時を含む)。
各画面を1分ごとに自動切替表示する「ローテーション」で表示することもできます。
※表示画面を消す「OFF」も選択可能。

イメージ 待受画面

  • ※初期設定は、「時計」に設定されています。
  • ※日付および時刻は、GPS 測位機能により自動的に設定され、日付や時刻合わせの操作は不要です。
  • ※測位状況により日付や時刻が合わないことがあります。
  • ※時刻の表示は、24時間表示です。
  • ※走行速度はGPS の情報に基づき表示しています。車両の速度計は、数値が高く表示される(プラス誤差)傾向があります。
    ・車両の速度計とは一致しません。  ・補正機能はありません。

別売オプションOBDⅡアダプター接続時のみ表示できる!OBDⅡ最大13項目表示に進化!

OBDⅡとは

別売オプションのOBDⅡアダプターを接続すれば、VPS(バーチャル ポジショニング システム)の進行距離計算に比べて、より正確な速度・移動距離を検知できるようになります。トンネル内などのGPS非測位置でも超高精度な警報を実現します。さらに、エンジン状態・燃費などの車両情報が表示でき愛車の状態が把握できるようになります。

※OBDⅡコネクターを使用する他機器との併用はできません。

OBD表示イメージ

OBDデータ 表示項目13種類一覧
車速
(★左画面)
エンジン回転数
(★右画面)
エンジン負荷 スロットル開度 燃料レベル インマニ圧 エンジン水温
吸気温度 外気温 エンジン油温 瞬間燃費 平均燃費 今回燃費  

★:初期値 ※車両によって表示できる項目は異なります。

ターゲット54識別

GPSデータ登録件数:7万件以上 取締・検問データ:3万8千件以上

  • ●赤:警報ターゲット
  • ●黄:警告ターゲット
  • ●青:告知ターゲット
  • ●緑:情報ターゲット
  • 取締・検問データ

GPS 47識別警報

本体に登録されているGPSデータのポイントに近づくと、オービスなどのターゲットを47種類に識別してお知らせします。

  • ループコイル*1
  • LHシステム*1
  • 新Hシステム*1
  • レーダー式オービス*1
  • トンネル内オービス
  • トンネル出口ターゲット
  • オービス制限速度
  • 高速道制限速度切替りポイント
  • カメラ位置告知
  • トンネル内追尾式取締エリア
  • トンネル出口直後ネズミ捕りエリア
  • ネズミ捕りエリア
  • 移動オービスエリア
  • 追尾式取締エリア
  • 一時停止取締エリア
  • 交差点取締エリア
  • その他取締エリア
  • シートベルト検問エリア
  • 飲酒検問エリア
  • 携帯電話検問エリア
  • その他検問エリア
  • 取締・検問圏外識別
  • 交差点監視ポイント
  • 信号無視抑止システム
  • 高速道 交通警察隊
  • 駐禁最重点エリア
  • 駐禁重点エリア
  • マイエリア
  • Nシステム
  • 交通監視システム
  • 警察署
  • 交番
  • 事故多発エリア
  • 車上狙い多発エリア
  • 高速道 急カーブ/連続カーブ
  • 高速道 分岐/合流ポイント
  • ETCレーン事前案内
  • サービスエリア
  • パーキングエリア
  • ハイウェイオアシス
  • スマートインターチェンジ
  • SA/PA内ガスステーション
  • 高速道 長/連続トンネル
  • ハイウェイラジオ受信エリア
  • 県境告知
  • 道の駅
  • ビューポイントパーキング
  • 左右方向識別ボイス
    GPS 警報は、ターゲットが進行方向に対して、右手または左手方向に約25°以上のとき、その方向をお知らせします。
    『右方向』、『左方向』のボイスは、告知時点でのターゲット方向であり、右車線、左車線を示す訳ではありません。
  • 高速道識別ボイス
    ターゲットが高速道に設置されている場合、『高速道』とボイスでお知らせします。
  • *1 オービスは、2km(高速道のみ)/1km/500m/直前/通過をポイントごとに警報(告知)し、距離をカウントダウン表示します。
  • *2 東京都23区内、名古屋市内、大阪市内の一時停止注意ポイントが登録されています。

無線 2バンド識別警報

  • カーロケ無線(新型カーロケ無線は非対応)
  • 取締無線

※カーロケ無線識別やベストパートナー機能は、新型カーロケ無線が 導入されている地域や新たに移行した地域では、はたらきません。

レーダー波 3識別警報

iDSP/ 統合的デジタル信号処理技術により、ステルス型取締り機の「一瞬で強い電波」に対しては、ただ単に警報するだけでなく、通常波と区別して警報画面とボイスでお知らせします。さらに、インテリジェントキャンセルにより取締り波かどうかを識別し、誤警報を抑えます。

  • ステルス波
  • 通常レーダー波
  • キャンセル告知

・レーダー波受信レベル5段階表示

ベストパートナー 2識別警報

カーロケ無線の受信状態からシミュレーションし、快適ドライブのベストパートナーとして、安全走行のためのタイムリーな情報をお知らせします。また、カーロケ無線(407,7MHz 帯の電波)を受信したとき、その発信元の遠近を自動識別し、さらに発信元が圏外になったと思われる場合もお知らせします。

  • カーロケ遠近識別
  • カーロケ圏内・圏外識別

誤警報カット 誤警報の騒がしさから、おさらば!! 自動キャンセルはスーパーキャットだけ!

レーダー探知機は誤警報を避けられない。

レーダー探知機は速度取締機以外の電波も受信することがあります。例えば、周波数や変調方式が全く同じである自動ドアのセンサーなどです。マイクロ波を高感度に捕らえることを命題としている以上、これらの誤作動源からの電波を受信することは理論上さけられません。

だから、誤警報低減機能が必要なのです!

誤警報地点を手動操作することなく、自動的にキャンセル登録。運転に集中できます。

  • iキャンセル(インテリジェントキャンセル) [特許 第3902553号][特許 第4163158号]
    自動ドアなどが原因で発生する誤警報を手動操作することなく自動的に識別し、自動キャンセル登録。
    次回に同じ箇所では警報を鳴らしません。
    1回目通過時 警報、ニセモノと 識別、2回目通過時 警報なし
  • マイキャンセルエリア
    警報をキャンセルしたいエリアを自分で登録することもでき、そのエリアでのレーダー警報音をカットします。
  • 反対車線オービスキャンセル機能
    必要のない反対車線のオービス等の警報をキャンセル。
  • AAC/不要警報カット
    時速30km未満で走行中または停車中の不要な警報をカット!
  • ASS/最適感度選択
    低速走行中は受信感度を抑え、高速走行では感度を高めることで、速度に応じた最適な受信感度を自動的に調整。

GPS測位 準天頂衛星「みちびき」対応!

準天頂衛星「みちびき」対応

GPS位置測位には最低4機の衛星信号受信が必要です。しかし、都市部や山間地では測位信号が届かず、測位できないことがありました。
準天頂衛星システム(QZSS)は、米国のGPSを日本上空に留まる3機の準天頂衛星で補完することにより、確実な測位を実現できます。その1機目が「みちびき」です。本機は将来打ち上げられる2機の準天頂衛星にも対応しています。

準天頂衛星「みちびき」対応

起動時に素早く自車位置を測位。業界最速レベル”クイック測位”

GPS測位完了を待つイライラ軽減! 地下駐車場から出た直後でも付近のオービスや取締ポイントの警報を逃しません。

※クイック測位は過去48時間以内に測位に使用した衛星を4つ以上正常に再受信できたときに機能します。
また、ご購入後初めてのご使用時、GPS測位完了まで20分以上かかる場合があります。

クイック測位

Aシリーズ最新ラインナップ

全てのSUPER CAT製品を見る