SUPER CAT
GPS&レーダー探知機
L40 レーダースコープでシンプルに表示
小型オービスにレーダー波受信とGPSデータのWアプローチで対策
新たに稼働した準天頂衛星「みちびき」、ガリレオ衛星にも受信対応。
3.2インチ液晶搭載、本体ボタン操作モデル(無線受信機能は非搭載)

新取締小型オービスをレーダー波受信

  • 小型オービス対応
  • 小型オービスにGPSデータと
    レーダー波受信でダブルアプローチ※一部の小型オービス

    本機は小型オービスのレーダー波を受信することで、GPSデータとレーダー波受信のダブルの警報を行います。これによりGPSデータがない新たな小型オービスにも対応できます。

    POINT!小型オービスとは

    従来のオービスと違い小型タイプで、わずかなスペースでも設置でき、生活道路などでの速度違反の取締りが想定されています。設置が従来のオービスに比べて簡単であることから、設置・撤去がスピーディに行われる可能性があり、新設された時点ではGPSデータが登録されていない場合が考えられます。

充実の警報情報

  • 速度引き上げ対応
  • NEW!高速道 制限速度引き上げ対応

    制限速度110km/h引き上げ区間に対応。引き上げ区間進入時はもちろん、区間内のオービスにも対応しています。

  • 受信対応衛星数 全75基
  • さらに増加。受信対応衛星数 全75基

    新たに稼働した「ガリレオ」「みちびき」にも受信対応。測位精度がさらに向上しました。
    今後打ち上げられる「準天頂衛星」を含む、下記の測位衛星にも受信対応します。

    • GPS 31
    • ガリレオ 15
    • グロナス 24
    • みちびき 2
    • SBAS 3基(ひまわり2基、GAGAN1基)
    • ※2017年11月24日現在稼働数より(一時使用禁止衛星を除く)。
  • ゾーン30
  • 新交通規制ゾーン30を警報

    2011年の施行から徐々に増えつつある「ゾーン30」規制区域。小型オービスが導入されるなど、取締が強化されます。

    POINT!ゾーン30とは

    生活道路の事故防止を目的に、住宅街などの生活道路が密集する区域(ゾーン)での最高速度を時速30キロに制限する新交通規制。

  • 高精度オリジナルデータ
  • 業界屈指の収録データ数

    • GPSデータ140,000件以上
    • 取締データ54,000件以上

    詳しくはこちら

選択可能な画面デザイン

富な待受画面は9種類から選択可能。お好みの画面を選択してローテーション表示やOFF設定も可能です。

本体ボタンで簡単操作

本体上部に5つの押しボタンを配置しています。

便利な対応オプション

  • 車両情報を取得して、
    警報をさらに強化。

    OBDⅡアダプターは、本機への電源供給に加え、エンジン状態、燃費などの車両情報を取得します。より正確な速度や移動距離がわかるので、トンネル内などのGPSが測位できない所でも自車位置を補完でき、警報の精度をより高められます。

    詳しくはこちら

特許取得 ポールジョイントブラケット

特許 第6078725号
高さ調節が出来るポールジョイントブラケット(特許取得)を採用

取付け例

  • ※取付画像はイメージのため、必要な配線を省略している場合があります。ご使用の際は正しく配線を行わないと機能しません。

その他の基本機能下記アイコンを押すと詳細へリンクします。

  • ラウンドアバウト
  • クイック測位
  • 3年保証