バッテリー交換(バッテリー上り)やエンジンスターター移設後の再設定方法
車のバッテリーを交換したり、エンジンスターターを付け替えた場合は、
下記の手順でパーキング(P)・ポジションの検出・設定を行ってください。
※車種別専用ハーネスの取りはずしやバッテリー交換、バッテリー上がり等で常時電源が断たれた場合は、車載ユニットから「ピピピッ ピピピッ ・・・」が鳴り、パーキング(P)・ポジションの設定がリセットされたことを知らせます。
※設定をやり直す場合は、「車種別専用ハーネスの抜き差し」や「バッテリー マイナス端子の脱着」を行ってから、下記の手順で再設定を行ってください。
1. ブレーキペダルから足を離したまま、エンジンキーをOFF → ACC → ONと切り替える。
  「ピピピッ ピピピッ ・・・」音が止まり、約3秒後に「ピピッ」音が鳴ります。
※ブレーキペダルを踏んだままエンジンキーをONにすると、正しく設定できないことがあります。
2. ブレーキペダルを踏み込み、確認音(ピッ音)が鳴るか確認する。
 

3. ブレーキペダルを踏んだまま、シフトレバーをパーキング(P)からリバース(R)に切り替える。
 

約3秒後に「ピッ」音が鳴ります。

4. ブレーキペダルを踏んだまま、シフトレバーをパーキング(P)に戻す。
 

約2秒後に「ピー」音(または、「ピロロロロロ」)が鳴ります。

 

以上でパーキング(P)・ポジションの検出・設定は完了です。
キーをOFFに戻し、「ピピピッ ピピピッ ・・・」音が鳴らなくなったことを確認してください。

上記の手順で改善しない場合は、弊社ご相談窓口までお問い合わせください。