ATLAS(アトラス) ASG-CM11用アップグレード 5,250円(税込・送料込)

ご購入はこちら

アップグレード後にできること

ASG-CM11 アップグレード後の取扱説明書はこちら

ATLASTOUR Planner/ATLASTOUR Plusのダウンロードはこちら
ATLASTOUR® Plus・ATLASTOUR® Plannerのダウンロード

2010/08/27
ASG-CM11 アップグレード後の取扱説明書とATLASTOUR Planner 取扱説明書の下記を訂正いたしました。
詳しくはダウンロードしてご確認ください。

・ASG-CM11に転送したプロジェクトの削除方法の記載
・Plannerとの通信時の不具合の対処方法

使用上の注意

  • 本microSDカードは1枚につき、1台のみアップグレードができます。
  • アップグレードにかかる時間は、約30分~1時間です。
  • アップグレードの最中に電源が切れると故障の原因になりますので、必ずASG-CM11の
    付属品ACアダプターで通電しながらアップグレードを行ってください。
  • アップグレードの最中は、以下の行為を決して行わないでください。
    • ・ACアダプターやmicroSDカードを取り外さないでください。
    • ・本体からmicroSDカードを取り出す。

ATLASTOUR Planner で作成したルートを本体で再生することができます。

「ATLASTOUR Planner」にて作成されたプロジェクトを取り込み、本機の地図画面に表示することができます。
※ASG-CM11の走行履歴(ルート)をATLASTOUR Plannerへ転送できます。

プロジェクトの取り込み方法や「ATLASTOUR Planner」の使い方に関しては、
ATLASTOUR® Plus・ATLASTOUR® Plannerとはをご覧ください。

目的地検索や登録地の詳細画面から目的地周辺の地図をワンタッチで表示できます。

登録地点を地図上に表示します。

登録地点を地図上に表示します。

本機の高度表示と実際の高度にズレがあるときや、正確な高度が判明している場合に手動補正することができます。手動にて補正した高度は電源を切るまで保持します。手動で高度補正をした場合、電源を切るまでは自動補正は行われません。電源を一度切ると自動補正に切り替わります。

走行履歴にスタート、ゴールを表示します。

走行履歴(ルート)に「スタート」・[ゴール」が表示されるようになります。
また、走行履歴(ルート) を本機のmicroSDカードに保存し、保存した走行履歴(ルート) を読みだすことができるようになります。以前に走行したルートを再び走行する等に便利です。保存された走行履歴(ルート) は本機のmicroSDカード内「import」フォルダにGPXファイルとして保存されます。

検索機能に「50音検索機能」が追加されます。

50音検索、業種別検索、電話番号検索、住所検索、登録地点検索の5種類から検索できます。
50音検索、業種別検索、電話番号検索は、電話帳をベースとした施設(約780万件)が登録されております。プライパシー保護のため、個人宅は登録されておりません。

その他の追加機能

  • オートパワーオフ機能
    付属のACアダプターを接続して充電し、無操作状態が5分間継続すると自動で電源がOFFになります。

  • 画面サイズのコンパス表示
    画面サイズのコンパス画面が表示されます。

  • 自動スタート
    [自動ポーズ/自動ラップ設定]に[自動スタート] が追加されます。
    地図/ メーター画面にある「スタート」キー(計測開始)の押し忘れを防ぎます。

    自動スタートについて
    自動スタート切替タッチするたびに「オン/オフ」を切り替えます。
    自動スタート切替を「オン」 に設定すると、以下の条件のときに自動で計測を開始します。

    • ・電源を入れてから最初にGPSの電波を受信したとき。
    • ・自動スタート切替を「オン」に設定してから最初にGPSの電波を受信したとき。

ご購入はこちら

ASG-CM11 アップグレード後の取扱説明書はこちら

ATLASTOUR Planner/ATLASTOUR Plusのダウンロードはこちら
ATLASTOUR® Plus・ATLASTOUR® Plannerのダウンロード

2010/08/27
ASG-CM11 アップグレード後の取扱説明書とATLASTOUR Planner 取扱説明書の下記を訂正いたしました。
詳しくはダウンロードしてご確認ください。

・ASG-CM11に転送したプロジェクトの削除方法の記載
・Plannerとの通信時の不具合の対処方法